【2019年厳選おすすめ】

食品・日用品・小型家電
実際使ってみてよかった高コスパアイテム

詳しい記事へ

もふもふ好きは狙い目!バイオパークはかわいいカピバラのおさわり天国

スポンサーリンク
ご当地ネタ
カピバラ露天風呂
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

転勤族ならその土地を楽しもう!

盆暮れの帰省も住まう土地によっては飛行機を使わざるを得ない転勤族。
交通費も家族でハイシーズンに利用することを考えると、近場の海外に行けるくらいになることも珍しくありません。
 

フラミンゴ

でも、その代わりと言っては何ですが、全国の観光地に気軽に行ける! いや、行けますよ。

行こうと思えば休みを取って、お金を貯めて。
出来ないことはないけれど、飛行機に乗ってホテルを取ってまでとなると…という場所はありませんか?

私にはけっこうあります。
長崎では「ペンギン水族館」と「バイオパーク」です。

ペンギン水族館については後日詳しくということで、今回はバイオパークについてご紹介します。

スポンサーリンク

カピバラ風呂はバイオパークにあった

動物好きの人にはご周知のことと思いますが、興味のない方には何のことやらかもしれません。
ですが、冬至の全国ニュースで柚子風呂にカピバラが入浴している映像を見たことがありませんか? 
あれです。
あの場所がバイオパークなんです。

 

ちなみにコスプレするペンギンがパレードするのは島根の松江、フォーゲルパーク。
個人的にはココも従業員になりたいレベルで好きです。
ハシビロコウにも会える!
フクロウが腕にとまってくれる!
鳥好きなら笑いが止まらなくなること必至です。

 

 …話が脱線しましたが、バイオパークは自然の環境に近い「生体展示」という形態がとられている動物園です。要するに、動物が気まま~に過ごしているところに人間がおじゃまするってところでしょうか。

 

全てが対象ではありませんが、随所にエサのガチャがあって、自由にあげられます。
ペレットがメインですがスティック状の野菜や笹も用意されています。
直接手のひらから食べられるのは怖いという人はそちらをどうぞ。

スポンサーリンク

手から直接エサを食べてくれる

 

行動展示

 

バイオパークの最大の魅力は「ふれあえる」こと。

 

ポイントがあったらエサは買うべし。
両替機は何カ所かありますが、探していると時間もかかりますし坂道を歩き回るのも地味にきついです。入場前に100円玉は多めに用意しておいて損はありません。

 

そして、重要なポイントが時間です。
できるだけ午前中早いうちにまわること。
遅い時間だと動物たちが満腹になり食いつきが露骨に悪くなってしまいます。
例外はリスザル。
ただし、生餌に限ります。
カプセルを開けたとたんにサルまっしぐらです。
ですが、虫がうねうねするので、ちょっと勇気が必要かもしれません。

スポンサーリンク

やっぱりバイオパークのスターはカピバラ

カピバラ露天風呂

 

マーラやフラミンゴ、アライグマやカンガルーなどふれあいが存分にできるコーナーはいくつもあります。
それでも、やっぱりいつも人だかりと歓声があがっているのが、カピバラコーナーです。

 

園のキャラクターにも採用されているだけあって、公式にカピバラ推しされています。

 

冬季は打たせ湯付きの露天風呂につかってのんびりしています。
なんともいい塩梅でなごみます。
人間も手をつけていいので、混浴気分を味わうことも可能です。

 

そして、カピバラ的にはお風呂よりもストーブが人気でした。
ストーブが設置されていて、人間もカピバラも一緒くたになってぬくぬくする場所です。
カピバラのお尻が並ぶ姿は壮観です。

 

毛は想像よりも剛毛でごわごわですが、耳がやわらかく弾力もありさわり心地が最高です。
カピバラ耳スクイーズ発売してくれないかなぁ。

 



スポンサーリンク

 PAWは別腹 猫派も犬派も満足

 入場ゲート手前左手にできたPOWは、犬・猫・モルモット・オウムなどの小動物とのふれあいができる場所です。
バイオパークの入場券とセットになっているものであれば少し割安になっています。

 

入って手前の空間には大きな樹があり、インコやオウム、フクロウがとまっています。
個人的に気になっているヨウムもいて目の保養になるのですが、残念なのはただ見るだけということ。
まあ、対応するスタッフさんの問題もあるでしょうし、しかたないですね。

 

ヘビやウサギなんかはさわれます。小さい子でも無理なく体験できる雰囲気です。
メインは奥の犬と猫のコーナーで、各15匹くらいは常時いたでしょうか。
猫コーナーにはソファーも熱帯魚もあり、お気に入りのコを愛でつつゆったりと過ごせます。

 

 ひとつ注意したいのが、犬と猫の休憩時間があるということ。
一日に2回ほど休憩時間が設けられ、その間は入場できません。
犬や猫と遊びたいと決めている人は、休憩時間を事前に確認してください。

スポンサーリンク

 近いなら年間パスポートもアリ

 日帰りで行ける距離ならば、年間パスポートを購入してもいいですねPAWの入場料が含まれて、大人は2,000円。子どもは2,000円です。2回くれば元は取れます

残念ながら、大幅に値上げとなりました。
うーん。

 

●年間パスポート「BIO PASS」料金改定について
3月31日までに入会・更新・再入会される方は、現行料金となります。また、有効期限内に更新して頂くと、特典として有効期限を+1か月間延長いたします。

【BIO PASS新料金】
大人(中学生以上)     8,000円
キッズ(3歳~12歳まで) 4,000円

●ペットアニマルワールド「PAW」ご利用特典内容変更について
※4月1日より特典は各日最初の1時間のご利用となります。1時間を超えてご滞在の場合、新たに1時間あたり500円の追加料金を頂戴いたします。

【新PAW利用特典】
最初の1時間(10:30開館)     0円
次の1時間           500円
以降、1時間単位(17:00閉館)  500円

引用:長崎バイオパーク公式サイトより

 

良心的なのは、一度通常の券で入場してから年間パスポートに切り替えることができるということ。
初めてなら年パスの購入は迷います。
実際に園内を見てまわってから決められるというのはありがたいですね。
特に小さい子などでは怖がることもあるので、入ってみてから購入するほうが無駄もありません。