長崎に転勤!住みやすいのはどのエリア?基本をざっくり把握しておこう

転勤・引越し

今度の引越しは長崎?
今までの引越し回数13回の、長崎在住の現役転勤族が住みやすエリアを教えます!
お急ぎの方は、目次からお目当てのところへどうぞ。

 

 ↓ 比べて最安を探そう ↓

 

スポンサーリンク

長崎の現地情報を知っておこう

観光地が盛りだくさん

 

ワタベ
ワタベ

家族での引越しなら、路面電車沿いが便利!
ただし、平らな土地ほど家賃は高い…。

長崎に転勤が決まって、どこに住めばいいのか迷いますよね。
無難なセンは、路面電車の線路沿いです。
転勤族が住みやすいエリアについて、重視するポイント別にまとめました。

 

治安や買い物の利便性、学区は?

 

突然やってくる内示。
告げられたのが、それまで全く意識したことのない土地だったらどうします?

 

旅行で足を踏み入れたくらいのことはあっても、それは観光地の話。
居を構えるとなればどの辺にしたらよいのか、全く検討すらつかず困ってしまいますよね。

 

観光情報や地理的な情報は、インターネットや書籍で手に入ります。
ですが、そこに住もうとする人が本当に望む情報は、治安や買い物の利便性、学区のことなどです。

 

ネット上での質問サイトなどで転勤の時期にもなると、地域情報についての相談が寄せられています。
私も一年前は必死になって少しでも現地の情報を入手しようと躍起になっていました。

 

親切な方はいるもので、「車があるなら〇〇あたりが住環境も良くて治安がいい」などと教えてくださるのですが、いかんせん土地勘がない。

 

夫の勤め先からどのくらいの距離か。
駅までの交通機関はどうなっているか。
買い物エリアはどのへんか。
などといった基本的なことが頭に入っていないと、せっかくのアドバイスもピンときません。

 

私が長崎に引っ越すことを知り、医療事情や教育レベルについて教えてくれるママさんもいました。
ですが、やはり大まかなエリアが把握できていないと、右の耳から左の耳に流れて行ってしまうのです。

ざっくり把握しておくと理解が早い

 

前置きが長くなりましたが、住まいを探す下準備として、大まかに長崎市の概要をつかんでおくことを強くおすすめします。
内示が出てから引っ越しまで時間がないですよね。

 

…分かります。

 

それでも、はやる気持ちを抑えて1時間、集中して頭の中に位置関係などを叩きこんでください!
これをしておくと、弾丸ツアーで不動産巡りをしても無駄がありません。
最悪、現地に行けないまま物件を決めることになっても、大きく外すことはありません。

 

誤解しないで欲しいのは、長崎のどこのエリアが良い悪いではありません。
学生さんに向いている場所、単身赴任向き、ファミリーに人気などそれぞれのエリアの特性があります。
自分たちにマッチングしたエリアを見付けられるかどうかのお話です。

長崎市ってこんな街

 

ワタベ
ワタベ

おくんちをはじめ、毎月イベント盛りだくさん。
ハウステンボスを筆頭に、観光スポットも豊富!

 

 

見どころたくさん

 

住んで2年にもならない私が言うのもおこがましいですが、長崎住みよいですよ。
九州というと福岡の博多が転勤族には人気ですが、長崎も捨てたものではありません。

 

長崎は異国情緒豊かで観光地としても見どころが盛りだくさんです。
古くから他国の文化や人を受け入れているだけあります。
排他的なところはなく親切で根が陽気な県民性があるように見受けられます。

 

オランダ坂やグラバー園、大浦天主堂などの観光地には国内外を問わず観光客が訪れています。
それがまた街の雰囲気を形作っています。
ベタな観光地巡りも楽しいですが、坂が多く歴史的な遺物が至る所に見つかる市内は、散歩するだけでも飽きることはありません。
後述しますが、さるくイベントもここ長崎ならではですよ。

 

個人的には大浦天主堂に行ったのならば、帰りは祈念坂を通って欲しいです。
オランダ坂の喧騒が一本道を入るだけで空気が一変します。
売り子や観光客のざわめきが嘘のよう。
狭い階段を通り抜け、歩を進めると現れる寺院の墓地、教会、神社の鳥居…。
自分のいる場所と時間の感覚が、足元から崩れていくような感覚に陥ります。

 

ほかにも、歌のモチーフにもなった被爆クスノキや絶景の唐八景公園など。
観光客が行かないような場所で素敵なところがたくさんあります。
住んでいればこそ、ぽっと時間が空いたときにお出かけできます。

 

坂が楽しい猫好き天国

一本鳥居のそばにいる猫

一本鳥居のそばにいる猫

 

坂の街として有名なだけあって、長崎駅を出て最初に目にする光景に最初は戸惑うかもしれません。
すり鉢状の地形で平地の少ない土地柄とあって、家々はびっしりと斜面に張り付くようにひしめいています。

 

でも、これが階段状の道や迷路のような路地を生んでいて、そぞろ歩きが楽しいことこの上ない。
5分も坂を登っただけで、眼下に長崎の街並みが広がるんですよ。

 

しかも、あちらこちらで何とも愛らしい街猫が迎えてくれます。
なでさせにゃんこもいたりと、猫までおもてなし精神が浸透しているのでしょうか。
町全体が猫カフェ状態というと言い過ぎかもしれませんが、ペットを飼えない転勤族にはうれしいものです(もちろん、エサはあげないでください)。

 

近所の神社にいる猫

近所の神社にいる猫

 

「坂が多いから自転車に乗れない人ばかり」という話は聞いたことはあります。
確かに、一輪車は乗れるのに自転車に乗れない子どももいるそうです。

 

ですが、路面電車通りなどではよく自転車を見かけます。
よそからの学生さんや転入者でしょうか。
子乗せ自転車で頑張っているお母さんも浦上あたりならまれに見かけます。

 

交通…路面電車が安くて便利

 

ワタベ
ワタベ

転勤族には車通勤はおすすめしません。
路面電車で事足りる!
買い物は週末に来るまで郊外かな。

 

 

長崎市は地図を見てもらえば分かるように、海と山に囲まれています。
加えてすり鉢状の地形なので、南北の異動には中心部を走る国道を使うことになるのですが、朝晩渋滞します。
といっても、東京などの渋滞に比べればかわいいものですので。

 

そこで多くの人が利用しているのが路面電車です。
長崎市内を走る路面電車は本数も5分間隔程度で運行していて、料金も一律120円と破格。
長崎北部の赤迫から長崎駅まで走っているので、通勤にも便利です。
ただし、注意したいのは観光シーズンになるとかなり混みあうこと。修学旅行生や外国人観光客であふれます。
網棚がないので、通勤カバンが重いと地味に辛いかもしれません。

 

そして、当然のことですが路面電車の乗り場近くの物件の家賃は人気に比例して跳ね上がります。
交通の利便性と平地というメリットが受けられるので致し方ありません。

 

路面電車以外ではバスが使い勝手が良いです。
他県よりも運行本数が多く、長崎市民の生活の足として広く利用されています。
ただし、路線が複雑で乗り換えが慣れるまで分かりにくいことなどから、最初は大変でしょう。
今年は雪が積もり、バスが折り返し運転する場所もありました。
雪に弱いというのが痛いところですが、せいぜい年に1回あるかないかのことなのでそれほど心配することもないでしょう。

 

JRを利用するのも渋滞の影響がないので選択肢としてアリです。
ただし、駅が「長崎駅」「浦上駅」「西浦上駅」「道ノ尾駅」の4カ所なので住まいがその周辺エリアの場合です。
行本数はそれほど多くはありませんが、通勤時間帯は本数があります。

エリアごとの特徴

 

ワタベ
ワタベ

転勤族が住みやすいエリアとなると、だいたい決まってきます。

 

 

転入者の意見なので地元の方の見方とは異なるかもしれません。
あくまで、概要の参考適度にどうぞ。

 

長崎市を大きく分けると4つのエリアに分かれます。

 

長崎路線図

長崎路線図

 

・長崎市周辺部
・長崎駅より南エリア
・長崎駅より北エリア
・浦上川の向こう

 

転勤族が住む場所として個人的には、「長崎市周辺部」「長崎駅より北エリア」が通勤の便や転入者の多さから向いていると感じます。

 

「浦上川の向こう」は福山雅治さんゆかりの稲佐・福田・藤見町・城山町・城栄町などが含まれます。
住宅地という雰囲気が強く、地元の方には住みやすそうですが転入者向けの物件が豊富かどうかは微妙です。

 

勤務地による…長崎駅より南エリア

 

「長崎駅より南エリア」はアーケード街のある浜町やオランダ坂の大浦あたりの地域です。
勤務先が近ければ良いと思います。
戸町も同様で、地元の方が多いエリアですね。
車がないと買い物が大変かもしれません。

 

ファミリーか単身か

利便性申し分なし「長崎市周辺部」

 

駅ビルの商業施設「アミュプラザ」や官公庁も集まる市内の中心部です。
町名で言うと、万才町、興善町、桜町、上町などのエリアがそれにあたります。
路面電車やバス、JRも利用しやすく、便利な立地です。
おくんちやランタンフェスティバル、精霊流し、港まつりなどのイベントも徒歩で出かけられるので渋滞のストレスもありません。

 

単身赴任で車を使わないのならばこのエリアも選択肢に入ってくるではないでしょうか。
ただし、ファミリー向けとなるとやはりお高め。
土地がない長崎市では家賃・駐車場代は高いのですが、さらに予算をみないといけません。

 

ファミリーに住みやすい「長崎駅より北エリア」

 

北エリアもいくつかに分けられます。

 

・文教エリアの長崎大学周辺
・暮らし重視の住吉周辺

長崎駅から路面電車の終点あたりまでが、個人的には転勤族には便利気ながします。

 

教育環境抜群の長崎大学周辺

 

文教エリアの長崎大学周辺」は長崎大学や平和公園のあるあたりです。
観光客も多いため交通の便も良好です。

 

長崎大学教育学部付属の教育施設を始め、教育関係に恵まれています。
塾も多いですね。
休日には子供の送迎の車が列をなしていることも。

 

陸上競技場や県営野球場、総合体育館もあり、スポーツにいそしむにも恵まれた環境です。
科学館もあります。

 

ちょっと行けばミスターマックスやショッピングモールのココウオークもあります。
ココウオークにはスポーツクラブが入っています。
御多分に漏れず年配の方が多いですが。
ジャンルにこだわらず飲食店にも恵まれていますよ。
2018年夏にリニューアルし、書店のフロアが充実しました。

 

学生さんが多く住んではいますが、素行のよい学生さんばかりです。
まず、うるさいこともありません。
そのあたりは心配ないと思います。

 

長崎駅周辺よりも家賃は若干下がります。

 

暮らしに便利住吉周辺

 

一応、長崎2位の繁華街とされている住吉町のあるエリア。
昔ながらの商店街やイオンなどのスーパーがあり暮らしやすくなっています。
飲食店や人気の飲み屋さんも充実。

 

中園町、住吉町、葉山町、赤迫エリアなんかが該当します。
赤迫以降は路面電車が通っていないので、JR駅近く以外は車通勤となります。

 

庭付きの一軒家に住みたい!という人ならば、思い切って時津も。
無料の広い大型商業施設が複数あるエリアで、渋滞する週末の買い物も至極便利です。
ホームセンターや飲食店、洋服店、家電店。
全国展開しているなじみのお店は道路沿いにそろっているので、長崎中心部まで出なくてことたりまます。
北のエリアは広々として、長崎中心部の建物が密集している雰囲気とはまた違っています。

 

車移動がメインとなってしまいますが、そこに目をつぶれるならば選択肢に入るかもしれません。
若いファミリー層が多いですね。

 

長崎駅から路面電車沿いのエリアがおススメ!

路面電車が便利

路面電車が便利

 

ワタベ
ワタベ

路面電車沿いで、あとは何を優先するかです。
買い物のしやすさ、通勤、通学、家賃。
家族でしっかり話し合いを!

 

 

長々と書いてしまいましたが、転勤族のファミリーならば路面電車沿いの地域が無難です。
路面電車から離れて坂を登るごとに家賃は下がっていきます。

 

路面電車から坂を5分登るくらいなら大したことはないと思うかもしれません。
ですが、残業後疲れ切った体の旦那様。
両手に買い物袋を抱えた奥さん。
毎日のこととなるとけっこうキツイです。
その辺は利便性と懐事情と相談しながら決めてください。

 

住まい探しをするのなら使わないと損!


キャッシュバック賃貸

キャッシュバック賃貸を通すだけで、引越し祝い金が必ずもらえます!
テレビCMや知名度の高い有名企業を中心とした、優良物件が多数掲載。
ほかの不動産やさんで扱っている物件でも、大丈夫。
キャッシュバック賃貸から問い合わせることで引越し祝い金が受け取れます。
何かと物入りの転勤の強い味方。
使わない人は損してます!

まずは無料のお問合せを!

引越し業者は見積もりで安くなる!

 

ワタベ
ワタベ

一括見積もりしたいけど、電話セールスがイヤだよね。
でも、「SUUMO」なら電話番号教えなくていいの!!

メールでやりとりできるから。

 

引越しも回を重ねると、おおよその値段が分かるようになってきます。
相場がわかれば、引越し業者さんにも交渉がしやすくなります。
実際、荷物の量や引越し先などとの兼ね合いで、料金は激しく変動します。

 

高価な買い物をするときに、入った一件目のお店で決めませんよね?
車を買う時にも、ディーラーを何件か回ります。
引越し業者を選ぶ際にも、まずは複数の業者から見積もりをとります。
「相見積もり(あいもつもり)」といいますが、気に入った業者に依頼する時にも他の業者ではいくらだったからもっと安くならないかなどと交渉できるのです。

 

CMでも有名なSUUMOだから提携引越し会社も信頼できる大手がそろっています。
やっぱり、安心感は大事ですよ。
SUUMO限定特典も用意されているので、上手に使って引越し代金を少しでも安くしましょう。

 

見積もりをとるとなると心配な点がひとつ。
歴戦の転勤族ならわかるはず…見積もり後の電話攻撃がイヤですよね
私も驚いたのですが、SUUMOなら電話番号の入力無し!
その場で見積もりが分かります。
引越し代金の相場が分かるので、業者を決めるのがグンと楽になるんです。
気になる引越し会社があったら、メールでのやりとりができるので気楽です。
こういうサービスが早く欲しかった…。

 

 ↓ 比べて最安を探そう ↓

 

事前に楽しみになるよう予習しよう!

 

長崎のことをざっくり把握するには、やはり有名どころのガイドブックどちらかを買っておくのがベスト。
私も、転勤が決まるとまずご当地ガイド本を購入します。
滅入りがちな気分を上げていくためには必須です。
荷解きが終わって観光してまわるのにも役立ちます。

 

 

そのほか、長崎暮らしが楽しくなる本もあります。
長崎の書店では平積みになっていたりするのですが、他県ではなかなか。
時間があれば予習用に読んでおくのもおすすめです。
転勤先のことを知ることで「ここ行きたい!」「これおいしそう!」と楽しみが増えるます。
自然と前向きになれるんです。
不安が先立ちがちな転勤ですが、親が前向きだと子どもも感じ取って嫌がらないものです。

 

 

元野球選手が表紙を飾っていますが、長崎の情報番組でレギュラーなさってます。
面白おかしく長崎ならではを紹介しています。
お国言葉やゴミの出し方、ジャパネットのことなど、なるほどなぁと思いました。

 

created by Rinker
¥1,728(2018/11/20 06:25:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

ガイドブックに載らないような町の食堂や、地元の旬の食材を紹介しています。
この本で、ちゃんぽん麺で焼きそばをつくることを知りました。
もう、焼きそばの麺でつくれなくなります。
うまい。

 

 

ちょっと慣れてきて、街中を「さるく」ようになってから読むと面白さ倍増。
字が多くいですが、一つひとつの項目は短くまとまっているので読みやすいです。

 

 

ちなみに、長崎市への転入の手続き関係がこれからなら、こちらをどうぞ。

長崎市への引越しの手続きをラクにする小技!知ってる人だけ得をする
役所の手続きは手間をかけずに終わらせたい 転勤が決まってからの嵐のような日々も、現地に行ってしまえば終盤戦です。 あとは手続き関係だけ済ませてしまえば、荷解きや周辺探索はゆっくりでもなんとかなります。 つまりここが踏ん張りどこ...