【条件緩和?】アドセンス関連コンテンツが200PV/日のブログで開放!

ライター
関連コンテンツ開放のカギ?
この記事は約7分で読めます。

ブログの備忘録的な記事です。
ブロガー以外は興味のない話題だと思いますので、あしからず。
前置きが長いので、解放時の状況だけ知りたい方は目次の「関連コンテンツ解放時の状況」からどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本ブログの現況

関連コンテンツ開放の条件は?

 

2018年1月スタートの当ブログ。
専門的な知識は何も持ち合わせておりません。
分からないところが出てくるごとにweb 上の解説や書籍をひっくり返し、わたわたしながら運営しています。

 

何もブログで大儲けしたいなどとは考えてはいません。
ですが、せっかくやるからには、書いていて楽しく誰かの役に立ちたい。
あわよくば、少しでも収益があればいいなとは思っています。
加えて、新規のお仕事にもつながればいいなという欲もあります。

 

取りあえず、気になることは試してみようというスタンスです。
これまで、Googleアドセンス。

【2018年】グーグルアドセンス一発合格!開設1ヵ月で広告掲載できたコツ
PCに詳しくない主婦でも、ブログ開設1カ月でグーグルアドセンス(Google AdSense)に合格しました。巷にはいろいろな噂がとびかっていますが、私が心がけたこととコツをご紹介します。審査から合格通知までの時間は20時間でした。

 

Amazonアソシエイト。

Amazonアソシエイト一発合格!ブログ開設2カ月でGoogleアドセンスとコンボ
何の準備もなくAmazonアソシエイトに申し込み Amazonアソシエイト、申し込んでみました。 申し込みが2月27日の午前11時頃。 「Amazon.com Associates プログラム-アプリケーションが承認さ...

 

さらにA8に申請し、設置してきました。
実際やってみて、収益は思っていたよりは出ました。

 

とくに興味深いのは、A8。
いきなり数千円のプログラムで発生していたので驚きました。
ですが、これはぬか喜びに終わりました。
翌月には確定することなく0に戻っていました。
おそらく、注文された方がキャンセルされたかリピーターだったのでしょう。
こちら側としてはしょんぼりしてしまいますが、広告出稿する企業としては安心できる仕様ですね。

 

お金を出すからには、確実に収益につながるお客さんが欲しいのは当然。
「アフェリエイト」という存在を胡散臭く思っていました。
ですが、きちんとしたビジネスになっているのですね。
承認率など分からない点はまだまだありますが、あとしばらくは続けてみようかと思います。
現在の確定金額は100円です…。

 

Amazonアソシエイトはこれまで2回発生しています。
と言っても、ごくごく少額です。
ギフトカードに換えられる前に忘れてしまいそうなくらいです。
それでも、反応があると嬉しいです。
今日も1件書籍で発生していました。

 

面白いのが、自分がイチ押ししているものではないものが注文されていること。
リンクをクリックされているのも、補足として紹介したものの方が多かったりします。

 

Googleサーチコンソールまたまに見るのですが、来訪者の2割は男性です。
「どうする?転妻」というタイトルからも分かるように、既婚女性ばかりを想定していました。
2割も男性が来てくれているのならば、もう少し男性にも役立つ記事を加えます。

 

肝心のGoogleアドセンス。
これはPVが少ない割には頑張ってくれています。
これまでは毎月お札になるかな、というくらいでした。
5月半ばからPVが100台から200台になり、収益は倍とはいきませんが増えています。

 

ページRPMやページCTRは、一週間単位で大幅に変動しています。
おそらく、基準となるデータがまだ少ないせいですね。
統計に基づいた分析っぽいことも、半年が過ぎてからボチボチやってみます。

 

Googleアナリティクスはいつかさわらなきゃ、と思い数冊本を流し読みしました。
専門書は何冊もあるのですが、ガチガチの文系の自分にはハードルが高いものばかり。
そんな中、最後まで読めたのはこの本だけでした。
著者自身ももともと数字が苦手と言うだけあって、小難しくなく分かりやすい。
覚えておく数字は最小にとどめ、webサイトの運営に役立てるための分析のノウハウが詰まっています。
特に、分析は数字だけではなく「想像力」が大事という意見に納得です。

 

 

関連コンテンツ解放時の状況

関連コンテンツ開放のカギ?

 

関連コンテンツは5月20日に解放されました。
どこかで見たことあったな、くらいの認識でしたので何をどうすればいいかもよくわからず。
Google検索のお世話になり、取りあえずCocoonのウィジェットに貼り付けました。

 

貼り付けてほどなく、画像込みの関連広告が表示されました。
内容も表示ページの記事と同様のジャンルのものや、興味を引きそうな広告が自動的に選ばれています。
思わず自分でクリックしそうになりました。
たまに、子ども関連の情報や観光情報で見たいのがあるんですよね。
クリックすると違反になるので、いったん閉じて改めて検索するのですが二度手間なので何とかならないものか…。

 

ともあれ、解放の条件に付いてはネット上であれこれ取りざたされています。
真相はGoogleさんしか知り得ませんが、私の状況をまとめておきます。

 

・トラフィック量とページ数

4月 約3000PV
5月 約4000PV(20日までで)
1日のPVはここ数日300前後です。

ページ数 79ページ

お恥ずかしいくらい、ささやかです

・自動広告

サービスが始まってすぐに導入しています。

・開設期間

5カ月半

・ドメイン

中古などではなくまっさらの新規です。

・PINコード

3月に発行されています。
ただ、まだ届いていないので住所確定していません。

 

正式な基準が示されていないので憶測ですが、ネット上で多く言われているのは、

 

一月のPV 30000以上
一日のPV 1000以上

記事数 100記事以上

 

私の例を見る限り、かなり大幅に緩和されているのではないでしょうか。
でなければ、これほどPVの少ないサイトで開放はされないように思えます。

 

 

PV極小で解放された理由の一つ?

 

月10000PVではなく、改設から5カ月でようやく10000PVを達成というささやかなブログです。
それで解放されたのはどうしてだろうと考えていると、一つ心当たりがありました。

モバイル検索で記事に見出しが表示されるようになった

 

モバイル検索の結果に記事の見出しが表示されるのはご存知ですか?

 

スマホ検索時の、緑枠の中のことです

 

下記の本によると、2016年頃からスマホやタブレットでの検索で、検索結果の概要部分に枠囲みの見出しがスライダーで表示されるようになっているとのこと。
この見出しをクリックすると、直接頭出しで求める記事内容にたどり着けるのです。

 

 

検索結果の下の説明文しか表示されていなければ、検索した人はその情報だけでクリックするかどうか決めなければなりません。
記事の見出しがあれば、検索者が求める情報なのかどうかを判断しやすくなります。
Googleさんのモバイルファーストっぷりが加速しているのですかね?

 

全てのサイトで検索結果に見出しが出るわけではないようです。
一定のアクセス数があるサイトがGoogleに評価され、見出しがスライダー表記されるのではないかという見識でした。

 

私のブログ記事も、いくつかモバイル検索で見出しが表示されます。
今回の関連コンテンツも、そのあたりが影響しているのではと推測しています。

 

ワタベ
ワタベ

あくまで、素人のあてずっぽうな考えですよ!

以上、ワタベユキエからでした。