【ふるさと納税・お茶】都城の返礼品口コミ「都城茶1kgバラエティセット」

夏は冷茶でさっぱり ライター

約2000円の自己負担で、各地の名産品をお礼としていただけるふるさと納税。
私は制度利用3年目です。
いろいろ試していますが、なんだかんだ言っても使い勝手の良い「都城市」。
メイン使いで活用させてもらっています。

 

こちらの都城市は、肉と焼酎が売りです。
冷凍庫には先月届いた奈半利の牛肉と豚肉が残っていたので、常温で保存のきく「煎茶」にしてみました。

 

・上煎茶 100g×4本
・極上白折茶(くき茶) 100g×2本
・煎茶 200g×2本
・十二単衣茶缶(100g用)寄付金1万円

 

宮崎県とお茶がイメージ的に結びつきませんが、都城茶という銘柄があります。
温暖な気候とほどよい雨、肥沃な大地という土地柄で宮崎県は荒茶生産量が全国第4位だとか。
そのなかで都城は県内最大の栽培面積を誇るブランド。
やわらかな葉肉で厚い良質な茶葉が育ち、色よく香りの高さが特徴。

 

申し込んだのは6月の下旬。
届いたのは7月の後半で、およそ3週間程度ですね。
申し込みと同時にカード決済すると、一つ手順が減るのでその分早いです。
昨年までは、郵便振り込みにしていました。
振込用紙が届くまで、届いてから入金し先方に反映されるまで。
振込の場合は、時間が余計にかかってしまうのです。
ポイントも付くので、カード払いに軍配が上がりますね。

 

小さめの箱です

小さめの箱です

バラエティセット

バラエティセット

盛りだくさん!

盛りだくさん!

 

まだ、一番大袋の煎茶 200gしか飲んでいませんが、おいしいです。
このボリュームだと味もそれなりのことが多いですが、予想を裏切られました。
茶葉も厚みもあり色よく、見ただけで質が良いなと感じられるもの。
煎れてみると色も鮮やかで、香りも立ち甘い。
私はお茶の煎れ方がいま一つ下手で、苦くなったりしがちなのです。
この都城茶はそれほど神経質にならなくても、お茶の旨みが出るように思えます。

 

同封されていた説明書きによると、水出し茶にも適しているとか。

 

夏は冷茶でさっぱり

夏は冷茶でさっぱり

 

レシピ 水出し緑茶の作り方

①煎茶10gを急須に入れ、氷水100mlを注ぎます。

②およそ5分ひたして、茶こしを使って湯のみに注ぎます。

③2煎目以降はおよそ5秒ひたします。

 

今まで自宅で冷茶をつくっていた時は、専用のボトルに数時間ひたしていました。
たった5分でも十分色も味もでるんですね。
煎茶であればどんな銘柄でも水出しで旨みが倍増します。
例外的に深蒸し茶は氷水で苦みが際立ってしまうことがありますが、上煎茶や特上煎茶ならば甘みや香りが強調されてよりおいしくいただけます。
このやり方ならば、飲みたいときに熱いお茶を煎れるのと手間も変わりません。

 

知らなかったのですが、数杯は出ます。
飲んだ後の急須も、その日のうちならば冷蔵庫に入れておけば繰り返し氷水でいただけます。
実際に試してみたのですが、3回くらいは余裕で出ます。
出がらし感はありません。
さらに、味が薄くなってきたら熱湯を使えば復活。
新しい茶葉で淹れるのと遜色ないくらい!
美味しいです。
人生今まで損してた気分…。
お湯で淹れると渋めのカテキンたっぷりのお茶になります。

…今まで1回冷茶をつくったら茶葉を捨てていました。
もったいないことをしていました。
この夏は健康も意識して冷茶の機会を増やします。

 

ほかのお茶については、飲んでから追記します。
夏休みは備忘録が多くなります。
夏休み、長すぎ!!

 

楽天の会員ならば、リンク先の検索窓から商品名で一発検索!
送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場


都城茶1kgバラエティセット

で、見つけてください。
寄付金に応じて楽天ポイントが付きます。
もちろん、溜まっているポイントを寄付金にも回せます!