メルアドだけで見積もり可! suumo引越し見積もり

【滞在時間長めの人向け】ハウステンボスのアトラクション一覧!子ども向けおすすめ口コミ付き

ご当地ネタ
夜のイルミネーションまで丸1日遊ぼう!
この記事は約4分で読めます。

ハウステンボスアトラクション概要&おすすめ紹介

個人的に感じた子どものへのおすすめ度を★3段階で評価しています。小学生におすすめのアトラクションには小学生向きを付けています。

ただし、体重制限があるものは各自によります。体重制限で重い方は90キロ未満などですのでひっかからないですが、体重が軽すぎると小さい子はダメなものもあります。各自ご確認を。

アドベンチャーパーク

ワタベ
ワタベ

子どもが体を使ってのびのび遊べるエリア
晴れの日はココをメインに!

「恐竜の森」

アドベンチャーパークのあたりで目立つのが、ここの恐竜です。口を開けてミストを吹いているので迫力がありますが、アトラクション自体は地味です。タブレットを使ってQRコードを探していくというゲームなのですが、恐竜自体が動き回るわけでもないので拍子抜けするかも…。

小学生向き「シューティングスター★★★」

せっかくならハウステンボスならでは、というアトラクションを体験していってください。大人も子供も理屈いらずで気分爽快。高所恐怖症の人はちょっとスタートの高台が怖いかもしれませんが、それほどスピードも速くありません。自転車で走るくらいでしょうか。

小学生の子どもでも怖がることなく、1人でできていました。人気があるので、朝一番に行った方が待たずにすみます。

注意事項体験までの流れは別記事に詳しく書いています。

【シューティングスターは怖い?】ハウステンボス人気アトラクション感想

小学生向き「天空の城★★★」

言ってしまえば単なるアスレチックです。ですが、高さが3メートル、6メートル、9メートルと3種類あり、一番低いものでもかなり難易度が高いです。しょせん子ども向けだろうと高をくくっていたら、親の私が途中で動けなくなりました。何とか挽回し、最後までリタイアせずにゴールできはしましたが、服装や靴は動けるものでないと厳しいです。

安全のための装備はするので落ちたり怪我をしたりすることはないですが、お子さんによっては途中で怖くなってしまうかも。後ろから元気な集団が追いついてくると、大きく揺れることもあります。お子さんができるかどうか微妙なときは、ちょっとほかの人のやっている様子を見せてから決めさせた方がいいかもしれません。

受付はアドベンチャーパークの中です。誓約書にサインし、無料のロッカーに荷物を預け、安全器具をつけてもらっていざ挑戦。親が離れたところから見ていることもできます。

小学生向き「The Maze(ザ・メイズ) ★★」

巨大迷路です。全国各地に似たようなものはありますが、ハウステンボスのものは5階建てというところが他とはちがう点。それだけに、難易度も増しましです。階段を何度も上ったり下りたり。狭いすき間をすり抜けもし、結構な運動量です。

あちこちに、離脱ポイントがあるので脱出できなくても何とかはなります。ですが、子どもは絶対にクリアするとがんばりがち。親も付き合うハメになるので、挑戦するなら覚悟を決めましょう。

「どうぶつトロッコ・ふわふわランド・チャイルドカート」

わざわざハウステンボスまで行って、乗るほどの価値があるかなと。地方の古めの遊園地のような、ゾーンです。上の兄弟がシューティングスターをやっているときに、下の子を遊ばせながら待つにはちょうどいいです。場所的にも近いですし。

小学生向き「天空レールコースター疾風★★★」

入国してすぐ、自転車レンタルのそばにある新しいアトラクションです。つねに混んでいるので、朝一番、もしくは空いているときに即並びましょう。見た目は怖そうですが、小学生の子どもも臆することなく挑戦していました。

安全装置とベルトに乗っかる感じです。ブランコに乗ったまま、早いスピードで森の中を左右に揺さぶられながら滑っていく感覚ですね。枝にぶつかりそうになるのが怖いとうちの子は話していました。乗っている時間自体はあっという間ですが、並んで待つ時間が長いです。体重制限や服装の制限があります。サンダル、クロックス、スカートではできません。

荷物は受付後、無料のロッカーに預けるので心配ありません。雨の後などは、レールから機械油が落ちてくることがあるそうです。汚れて困る服ならば、雨天時はやめておいた方がいいです。

注意事項体験までの流れは別記事に詳しく書いています。

【天空レールコースター疾風・攻略】ハウステンボス人気アトラクション待ち時間