メルアドだけで見積もり可! suumo引越し見積もり

【滞在時間長めの人向け】ハウステンボスのアトラクション一覧!子ども向けおすすめ口コミ付き

ご当地ネタ
夜のイルミネーションまで丸1日遊ぼう!
この記事は約6分で読めます。

アトラクションタウン

ワタベ
ワタベ

VR装着アトラクションは、酔う子どもも。
無理せず、シアターや迷路、トリックアートなどでも遊べます。

「VRの館★★」

ハウステンボスというとVRが有名な気がしますが、子ども連れにとってはそれほど魅力を感じないというのがホントのところです。人によっては車酔いのような症状がでますし、わざわざ旅先でまでゲームの延長のようなものばかりさせるのも気が引けます。そして、夏場は暑いです。蒸れます。

この施設にもいくつかVR体験ものがあるのですが、正直無料のものは並んでまでやるほどの価値があるかは疑問です。ただし、有料の「ウルトラ逆バンジー」は迫力満点で子どもも満足していました。シート連動なのでリアルだそうです。

2018年は紙マスクが有料で買わされましたが、2019年では無料配布になっていました。必要な各施設でも同様となっていました。これは英断ですね。毎回小銭を用意するのは地味に面倒くさかった…。

小学生向き「バハムートディスコ★★★」

数あるVR系で、子どもにもやらせたいのがこの「バハムートディスコ」です。何といっても、あの重くて邪魔くさいヘッドマウントディスプレイが必要ないのです。未就園児でも制限はありません。しかも家族みんながいっしょに遊べるという、親子連れにとってはまたとないアトラクション。各ブースに分かれるので、小さな子がちょこまかしていても危なくないのもおすすめポイント。

コントローラーが重いので、小さなお子さんは親がいっしょに持ってあげて遊ぶほうがいいかもしれません。最後にそれぞれの順位が出るので、家族で競って盛り上がりましょう。15分程度です。

注意事項体験までの流れは別記事に詳しく書いています。

【ハウステンボスアトラクション】バハムートディスコは年齢関係なく楽しめる!

小学生向き「VR-KING(ブイアールキング)★★」

身長130センチ以上の制限があります!
ジェットコースター系ですが、実際にスピードを出して動くわけではないので小学生でも問題なく乗車できます。絶叫系が苦手なら、落ちるシーンなどは怖いかもしれません。お子さんが不安そうなら、「怖くなったら途中で目をつぶっていたら大丈夫だよ」と教えてあげましょう。

外から見ると行列がなくて空いていそうでも、中にたくさん人がいて待ち時間が長くなります。回転が悪いので、時間に余裕を見て利用した方が無難です。

注意事項体験までの流れは別記事に詳しく書いています。

【VR-KINGは怖い?】ハウステンボス人気アトラクションに乗った感想

小学生向き「ホライゾン・アドベンチャー・プラス★★★」

オランダに伝わる海のエピソードをもとにした、体感型のシアターです。涼しいですし、座って休みがてら鑑賞できます。実際に、私たちの隣のグループは休憩がてら入ったようですぐに寝てしましました。

ただし、普通のシアターではなく、雷が鳴ったり水があふれてきたりという仕組みがあります。寝ていた人たちはびっくりして声をあげていました。起きて鑑賞するぶんには、そこまで怖くはありません。未就園児でも内容が理解できます。15分程度です。

「MUSE HALL(ミューズホール)★」

好き嫌いが分かれるところです。華やかなものが好きな女の子ならば充実した1時間になるでしょう。小さなお子さんや男の子には厳しいかもしれません。開園してしまえば途中で退出はできませんし、騒げば迷惑になります。1時間(演目により30分などの場合も)じっと座っていられるかどうかによります。ホール内にはトイレもあります。クッションの貸し出しもあります。

内容は、想像の何倍も素敵で豪華でした。宝塚歌劇はCSの専門番組をときどき観るくらいで、実際に観劇しているのも地方公演くらいの自分です。詳しくはないので、あれこれ言うのもおこがましいのですが、ホールが小さい分近くて親近感があります。レビューもこの規模でこんなに気合が入っているなんて…と感動します。常連さんが多いのもうなずけます。

パーク内で劇団員の方を見かけもしますが、優雅で素敵です。得した気分。行けるならばぜひ観劇してください。個人的にはココとパレスハウステンボスだけ見られれば、あとは花を眺めるくらいで十分満足して帰れます。男性も毛嫌いせずに、ぜひ。堅苦しくなく、面白おかしく笑える場面もあります。キレイどころの娘役もたくさんでていますし。

小学生向き「ロボットの館★★」

さまざまなロボットが展示してあり、スマホで操作するボールや、顔で年齢を当ててくれるロボットで遊べます。去年は踊りまくるロボットや魚型ロボットがいたのですが、今年はいませんでした。ちょっとスカスカな感じで、寂しいかな。

子どもが乗って遊べるロボットもありますが、遊園地のコインゲーム的なものです。コインを入れると動くパンダ的な…。対戦といってもあまり期待しない方がいいかもしれません。

小学生向き「Kirara(キララ) ★★」

全然期待しないで入ったのですが、意外に映像がキレイでためになる内容でした。地球環境の大切を訴えかけるというテーマだそうですが、まあ細かな内容は小学校高学年くらいからでないと理解できないかもしれません。それでも、休憩がてら見るには時間も15分とちょうどいいです。

「恐竜ランド★」

わが家では利用していませんが、幼児向けの遊び場です。チームラボがやっているような、描いたぬり絵がスクリーンに登場し動き回るというもの。玉入れゲームもあり、小さい子も無理なく楽しめそうです。親が座って見ていられるのがポイント高いですね。

小学生向き「ショコラ伯爵の館★★」

チョコレートをテーマにしたミュージアムです。チョコレートモチーフの衣装を着て、自分たちで写真を撮れるのは記念になっていいです。チケットを購入すれば、蛇口からでるチョコレートドリンクを飲むこともできます。ちょっとしたクッキング的なものもあったりしますが、常設ではなかったような…。

なぜか寝室が開放されていましたが、何をどうしたらよいのかわからないまま…。いまひとつ楽しみ方が分からないスポットです。写真映えする箇所はいくつもあるので、女の子向きかな。

小学生向き「I.S.ラビリンス~光と音の迷路★★★」

新しいアトラクションです。300年後の宇宙空間をイメージした、光と音の演出が近未来っぽい迷路です。小学生でも5分もかからず脱出できましたが、鏡と光で難易度があがってなかなか簡単ではありません。とは言え、メイズとはちがって歩くだけなので疲れません。未就学児でも自分で出口を探せるので達成感を味わえます。

小学生向き「スーパートリックアート★★」

これも全国各地にあるようなトリックアートです。まあ、いろいろ写真を撮れるので、お好きな方はどうぞ。自然な写真にするためには位置や角度が重要なので、しっかり撮りたい人は腰を据えてベストショットを狙ってください。空いていることが多いので、恥ずかしがらずに思い切り表情をつくって撮影するといい仕上がりになります。