引越し見積もりする前に!

引越し回数14回の私がお勧めする「SUUMOの引越し見積り」

記事を読む

webライターでいきなり月20万円稼ぎ、大手メディアで個性を活かした記名記事を書かせてもらうためのシンプルな秘策

ライター
この記事は約14分で読めます。

サグーワークスという、webライティング特化サイトに登録した最初の3ヵ月の報酬です。1ポイントが1円相当です。わたゆきというライター名でやっていました。  

 

 

ランキング上位ということで、インタビュー記事もあります。 https://works.sagooo.com/kobuta/interview/interview010/  

 

その後、マイペースで好きなテーマで書くために、企業から直で仕事をもらうように方向転換しました。おかげさまで、書くことを楽しめています。  

webライター実際やってみると、大変なわりに単価が安すぎる問題

  家にいる時間が長くなり、企業も副業を認める流れになったことで「webライター」に挑戦する人が増えています。場所も時間も選ばず、自分の時間にあわせてお金が稼げる副業として人気ですよね。クラウドソーシングなどで試した人には共感してもらえると思いますが、webライターは決して楽な仕事ではありませんよね。

 

まず、記入する項目が盛りだくさんの登録から始まります。得意分野や実績のアピール、たくさんの案件の中からできそうなものを探す作業、気になる案件への応募…。最近では受注の前にテストがあることも珍しくありません。テストは1000字で500円などとタダ働きにならないよう設定されていることもありますが、対価は微々たるもの。

 

めでたく受注しても、まずはクライアントのマニュアルを読み込んで案件についての下調べをしなくてはなりません。それでも、長期継続の案件なら報われますが、3000字の記事を2、3本なんて募集も少なくありません。記事の単価も3000円ほどと決して高くはなくても、応募者は殺到。報われません。  

あなたの文字単価×実働でもらえる報酬は、パートの時給以上?

上記のような案件を勝ち取ったとしても、報酬は3000円×3本で9000円。記事を書く時間自体は、3000字を2時間くらいでしょうか。

 ですが、ここに案件探し・テスト記事作成・クライアントとのやり取り・マニュアル読み込み・下調べ・画像選択などの手間と時間が加わります。多くの場合は、一発で納品とはいかず、数回の修正が入るでしょう。仮に、これらの作業で5時間かかったとします。

 

 (執筆2時間×3本)+付加作業5時間=11時間 9000円÷11時間=約818円   時給820円では、割のいい仕事は言えませんよね。しかも、アルバイトやパートならば、単発の仕事ならば時給は高めです。単発の案件ならば、次の仕事をまたイチから探さなくてはなりません。ライターの名前を出せる「記名記事」出なくては、実績にもできません。  

webライターを勧める人は多いが、実際に「仕事」になる人はごくわずか

 在宅でできる仕事、副業としてwebライターは注目度があがっています。私自身、4、5年前まではお勧めしていました。ですが、この1、2年でクラウドソーシングでのライターがおかれている状況は大きく変わっています。自分でも新しく登録してみて、今の状況は焼野原のようだなと驚きました。  

対価が安すぎる
画像選択や装飾、アップロードまで込み自由に書けず、マニュアルが多すぎる
個性を出せない=いくらやっても単純作業のコマとして使われる
記名記事がなければ実績として出せない
競争相手が多すぎる

 

馬鹿正直に他の人と同じことをしていても、低賃金の都合のいい労働者として使われるのが現実です。工夫が必要です。  

webライターで稼げるかどうかは、文章の上手い下手とは無関係

 今まで書いた記名記事については、「ワタベユキエ」で検索するとある程度出てきますが、リンクも置いておきます。ご覧いただければお分かりになると思いますが、マニュアルガチガチの文章ではありませんよね。そして、文章も決して上手いわけではありません。

 

  <LIFULL HOMES/LIFULL運営>

https://www.homes.co.jp/life/cl-stage/cm-moving/2789/

https://www.homes.co.jp/life/cl-stage/cm-moving/11860/

https://www.homes.co.jp/life/cl-spot/cm-city/8110/

https://www.homes.co.jp/life/cl-kurashi/cm-pet/10731/  

 

<OTONA SALONE /主婦の友社運営>

https://otonasalone.jp/128702/

https://otonasalone.jp/129302/

https://otonasalone.jp/130017/

https://otonasalone.jp/130020/

https://otonasalone.jp/130020/

https://otonasalone.jp/131761/

https://otonasalone.jp/133055/

https://otonasalone.jp/133070

https://otonasalone.jp/134656/  

 

そうなんです。文章の上手い下手だけで仕事が取れるというのは幻想です。さらに、私はかなり筆が遅い方です。巷で言われているように、「文字単価が安くてもスピードで補う」という手法は使えません。そもそも、そんなやり方ではすぐに疲弊し長続きしません。

 

そして、まったく自分の守備範囲外のテーマについて書くのは苦痛です。子持ちのごく普通の主婦が、「ブロックチェーンで進む個人回帰」とか「省エネ時代へ向けてZEH住宅の普及」、「融資渉外担当者を取り巻く環境」なんてお題を投げられても困ってしまいます。無理やり知らないテーマで書き上げても、専門のライターの足元にも及ばない出来でしょう。  

他人と同じことをせず、自分主導で好きに書いて稼げるには秘策がある

 私は今は、企業のメディアなどで無理なく自分のペースでゆるく書き物をしています。お仕事は子どもが学校に行っている時間のみ。マニュアルもほとんどなく、常識的なきまりをおさえていればほぼ自由に書けます。もちろん、自分の得意なテーマだから、資料収集や下調べの苦労も要りません。音楽を聴きながら、コーヒーを飲みながら、ヒマな時間に楽しく書き物をして時給にすれば1500~2000円(書くのが遅いので)。魅力的ですよね。

 

 専業主婦の私が実際にこれまで行ってきて効果があった、シンプルなやり方をお教えします。私はサグーワークスでいきなり月20万円相当の報酬を稼ぎ、上位ランキング入りしています。その後、大手メディアで記名記事をおまかせで書かせてもらえるようにもなりました。記名記事は記事単価も高く、実績として売り込みに使えます。webライター未経験の主婦が、企業から記名記事の依頼をもらうための方法を、有料記事としてまとめています。

 

おそらく、ネット上にでてきた情報のまねをしてwebライターを始めても上手くいく人はごくわずかでしょう。少なくとも、外でパートに出たお金よりも稼げるようになるのは至難の業です。ちょっとやり方を変えるだけで、ストレスなく楽しんで自分の記事を書いて稼げるようになります。

 

広く公開したくない情報なので、限定記事にしています。有料ですので、ご希望の方だけどうぞ。  

 

※SNSやインターネット上で、下記有料記事の内容を公開することは禁止します。

タイトルとURLをコピーしました