新ブログ『半径5mのささやかな日常』を立ち上げました
引越し見積もりする前に!

引越し回数14回の私がお勧めする「SUUMOの引越し見積り」

記事を読む

【転勤族の中学受験対策】地方在住だからこそ、これだけは…の中受対策

子育て
この記事は約5分で読めます。

中学受験させたいけれど、まだ転勤帯同中

ワタベ
ワタベ

転勤族にしか分からない、苦労ってあるよね

世の中転勤がなくなる方向には進んでいますが、実際のところ大多数はまだまだ翻弄されている家庭が多いですよね。自分たちも数年おきに転勤していて、子どもは幼稚園で3園、小学校は3校、中学は2校目です。

大変なことをあげれキリがないですが、一番の懸念は子どもの教育問題。自分も夫も地方出身者なのでのんきに構えていますが、周りの首都圏出身の方は小学校に入ったあたりから(人によってはもっともっと前から)先を見据えています。将来的には首都圏で落ち着いて、子どももそれなりの私立中学に入れてあげたいとなると、どうすればいいのか悩ましい限り。

一般的に受験対策としての塾通いを始める小学3年生か4年生くらいには、単身赴任で妻と子どもは家を買うなりして落ち着くのがベストでしょう。でも、それまでの間、子どもの学習をどうするか。困りませんか?

塾環境で劣る地方だと何かと不安

自分も夫も地方都市の生まれ育ちです。塾に通わなくても、地元の名門高校に通って地元の国立大に行ければ、まあいいんじゃない。くらいの田舎の感覚の持ち主です。ですので、大した危機感を覚えていなかったのですが、都内から転校させてきた転勤族の奥さま方から話を聞くと全く異なる感想をお持ちでした。

学校の授業内容や、学習環境などいろいろ不安要素しかないとか。学校に最低限の学習以上のことを求めるのがそもそも違うのかもしれません。今の時代、学校で足りない部分の学習を担う役割を果たすのが塾なのでしょう。

なら、塾に行かせればいいじゃない。

話はそう簡単ではありません。都心にばかり住んでいれば分からないですが、地方にはそもそも有名塾ありません。無いと言うと語弊がありますが、塾環境に恵まれているのは県庁所在地やそれに準ずる地域くらいまでです。ご主人の職種によっては、離島やへき地に勤務せざるを得ない場合もありますよね。僻地に住む人にとって無くてはならない役割のお仕事、あります。感謝されるべきお仕事。でも、家族はほんと苦労するんですよね。

受験塾に通う学年までに、地方在住でも準備はできる

ワタベ
ワタベ

何でも都会設定で話しをされること、多くないですか?

家族会議で今後の行く末を話し合い、子どもが塾に通う年齢になったら「妻と子は定住し夫は単身赴任」と決めたとします。

先のことが決まって一安心。では、それまでの間にどうするか。よそ様と比べてもキリがありませんが、準備の良い方は幼児期から各種教材を生活の中に取り入れています。もちろん、小学校に上がった段階から、先取り学習をどんどん進めています。

いざ受験塾に通おうとしたとき、入塾テストでライバルとなるのはそうした準備万端組たち。ご周知のとおり、有名塾では入塾時のテストをもとにクラス分けされます。塾もビジネスですので、「成績が良い=結果が出やすい」子どもに優先的に力を入れて指導します。

つまり、できる子ほど、もっともっと伸ばしてもらえるということ。高いお金を払って通塾させるなら、自分の子もきっちり指導して欲しいのが親心。では、不利な地方在住でどうすればいいのか。

有名塾主催の公開テストで毎年全国1位続出のRISU算数

SAPIX、四谷大塚、早稲田アカデミー、Z会エクタス、日能研、浜学園、英進館…。

名だたる受験塾の公開テストで、1位を続出しているのは文句なしにスゴイです。それも、首都圏なら分かるのですが、山陰や四国で!というのが驚きです。山陰も住んでいて教育環境を知っているだけにの、希望が見えてきます。

クーポンコード「wtn07a」で1週間お試しできます

開成 ・ 麻布 ・ 早稲田などの難関私立中学校合格実績を誇る

開成 、麻布、渋谷教育学園渋谷 、早稲田をはじめとする難関私立中学校の合格者も、RISU算数受講者から毎年でてきています。

どんな学習法をとっていたのかなど、合格体験記に詳しいのでご興味があれば公式サイトをご覧ください。みなさん、無理なく面白がってゲーム感覚で取り組んでいたというのが印象的です。まあ、小学生なので楽しくないと続かないですよね。

うちでは1年半で小学校6年分の総ざらい。「やっておいて良かった」

ワタベ
ワタベ

中受用と思われてるけど、算数苦手克服にこそいいよ

うちは中学受験組ではないのですが、転勤族として「このままでいいのかな」と漠然とした不安を覚えていました。算数に苦手意識を持ち始めていたのも、心配要素でした。

そんなときに、『AERA Kids』でRISUの記事を見つけたんです。聞いたことがなかった教材なので、どんなものかと調べていくうちに、すき間時間でゲーム感覚でできるということに興味を持ちました。

結果、1年半で小学校6年分の算数を総復習し、弱点を克服することができました。中学入学前に、つまづきの芽をつぶせてよかったと心底思っています。

中学受験してもしなくても。地方で不安を感じている家庭にもおすすめ

中学受験にも適していますが、「受験コース」手前の通常コースだけ受講もできます。思考力や探求心を引き出してくれる出題は、他とは一線を画しています。

塾通いの前の、準備期間に何をさせたらよいか迷っているご家庭に、検討の候補にいれてもいいのじゃないかなと思います。

クーポンコード「wtn07a」で1週間お試しできます

上のボタンより、お申し込みクーポンコード「wtn07a」をご記入の上、お申込みください。通常ならば即本契約(基本1年間)となるところを、1980円で一週間お試し利用ができます。

タブレットやタッチペンも実際のものですので、使い心地も確認できます。

使ってみて合わないと感じたら、返品できます。

返品の際の送料・保険料として1980円がかかるということです。お試し体験後に契約する場合は、体験料1980円は発生しません。

▼クリック応援うれしいです▼

<a href=”https://family.blogmura.com/tenkin/ranking/in?p_cid=10914229″ target=”_blank”><img src=”https://b.blogmura.com/family/tenkin/88_31.gif” width=”88″ height=”31″ border=”0″ alt=”にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ” /></a><br /><a href=”https://family.blogmura.com/tenkin/ranking/in?p_cid=10914229″ target=”_blank”>にほんブログ村</a>

子育て
シェアする
ワタベをフォローする
どうする?転妻