【2019年厳選おすすめ】

食品・日用品・小型家電
実際使ってみてよかった高コスパアイテム

詳しい記事へ

ご当地ネタ

スポンサーリンク
ご当地ネタ

【2019最新】ハウステンボスのアトラクション一覧!子ども向けおすすめ口コミ付き

ハウステンボスに行こうと思うけれど、子ども連れでどれくらい楽しめるかを事前に知りたい。 せっかくならば、たくさんのアトラクションを回りたいので、効率よい回り方を調べたい。 こんな方向けの記事です。 長崎在住のワタベが、実際...
2019.11.07
ご当地ネタ

【ハウステンボスアトラクション】バハムートディスコは年齢関係なく楽しめる!

アトラクションタウンで、VR-KINGと並ぶ人気を誇るバハムートディスコ。ゴーグルをかぶらずに遊べるので、VR酔いが心配な人や小さなお子さんでも無理なく楽しめるので個人的にはVR-KINGよりもおすすめです。 昨年やったときに...
2019.09.03
ご当地ネタ

【VR-KINGは怖い?】ハウステンボス人気アトラクションに乗った感想

「世界最強コースター」と強気の売り文句でハウステンボスが推している「VR-KING(VR-キング)」。人気アトラクションですが待ち時間が長くなりがち。どのくらい怖いのか、小学生でも乗れるのかなど他の人の参考になればと簡単にまとめます。 ...
2019.09.03
ご当地ネタ

【シューティングスターは怖い?】ハウステンボス人気アトラクション感想

運河の上を颯爽と滑空する「シューティングスター」。大人から子供まで人気を集めるだけあって、休日ともなると待ち時間も長くなります。できるだけ待たずに乗る方法を知りたいですよね。受付の場所や荷物をどうすればよいかなども、事前に調べたのですが分か...
2019.09.03
ご当地ネタ

【天空レールコースター疾風・攻略】ハウステンボス人気アトラクション待ち時間

前回ハウステンボスを訪れた時には、天候と待ち時間の関係で断念した「天空レールコースター疾風」。ですが、小学生連れで行くとなるとやはりアドベンチャーパークが一番のびのび遊べる場所です。こどももやりたがりますし、せっかくなら体験させてあげたいで...
2019.09.03
ご当地ネタ

世界遺産の五島列島へ!格安日帰りツアーなら5800円で旅気分を満喫!

休暇を使って、街の喧騒から逃れふらりと離島へ。 のんびりとした時間の中で、おっとりと素朴で柔和な島の人たちとの交流を楽しむ。 都会的なものはないけれど、それがいい。 とは言え、離島への旅はハードルが高いもの。高くて...
2019.03.13
ご当地ネタ

盛岡に転勤!住みやすいのはどのエリア?基本をざっくり把握しておこう

盛岡に転勤・引越しが決まったけれれど、どこに住めばいいのだろう…? そんなお悩みにお答えします。 転勤や引越しが決まっても、土地勘がないと住まいや学校を決めるのも一苦労ですよね。特に、岩手県は広いです。私は小5~高1までの6年間を岩...
2019.10.02
ご当地ネタ

【攻略法】初めてのハウステンボス!一日で回れるアトラクションはいくつ?

初めて行くハウステンボスでたくさんのアトラクションを回りたい!そんな方ハウステンボス初心者のための攻略法を、実際に行ってみてわかったことからまとめています。混雑を避けて、空いているパークを楽しみたいならいつ行けばいいのか?回り方は?など、地元民がお教えします。
2019.11.05
ご当地ネタ

長崎市への引越しの手続きをラクにする小技!知ってる人だけ得をする

役所の手続きは手間をかけずに終わらせたい 転勤が決まってからの嵐のような日々も、現地に行ってしまえば終盤戦です。 あとは手続き関係だけ済ませてしまえば、荷解きや周辺探索はゆっくりでもなんとかなります。 つまりここが踏ん張りどこ...
2018.05.13
ご当地ネタ

もふもふ好きは狙い目!バイオパークはかわいいカピバラのおさわり天国

転勤族ならその土地を楽しもう! 盆暮れの帰省も住まう土地によっては飛行機を使わざるを得ない転勤族。 交通費も家族でハイシーズンに利用することを考えると、近場の海外に行けるくらいになることも珍しくありません。  でも、その代...
2019.02.28
ご当地ネタ

長崎の夜景は「世界三大夜景」ではありません

長崎で夜景は外せない! ここ数年で急に認知度が上がった長崎の夜景です。 でも、世界三大夜景だと勘違いしていませんか? 実は私がそうでした。香港・ナポリ・函館がもともとの三大夜景で、長崎は「世界新三大夜景」の1つなんですって。 ...
2018.05.13
ご当地ネタ

初めての九州、初めての長崎

初めての長崎! 全国転勤があると分かってはいても、九州は初めての土地。 東北生まれなので食べ物や言葉についていけるか不安もひとしおでしたが、子供の手前そんな顔は見せられません。鳥取から観光がてらの移動の末、ようやくたどり着いた長崎は...
2018.05.13